タイ

PEAとMoxaがタイでスマートシティの経済成長を促進

タイのパタヤは、アセアン地域の経済リーダーになるための取り組みをリードしています。パタヤは、タイの地方配電公社(PEA, Provincial Electricity Authority)が実施している都市のスマートシティ化プログラムのパイロット都市であり、この経済改革に必要な電力を供給するために設立されました。このスマートシティ構想は、「Energy 4.0」と呼ばれる大規模なプログラムの一環です。

PEAは、このシフトをサポートするために、電力供給の問題を発見するための手動のプロセスから、停電の期間を最小限に抑えるための自動化されたプロセスへのデジタルトランスフォーメーションをサポートする必要があります。PEAは、EPC(設計・調達・建設)サービスの大手エンジニアリングコントラクターであるItalthai Engineering社と、IEC 61850ベースの変電所オートメーションシステムにおける重要なネットワーク通信のエキスパートであるMoxa社と提携しました。

 

もっと見る

概要

挑戦

  • パイロットプロジェクトを立ち上げる理由は、スマートグリッド技術の技術的な適合性や投資の実現性を検証するためです。しかし、PEAは電気の専門家ではあるが、高度な変電所オートメーションシステムで使われるIEC 68150ベースのクリティカルネットワーク通信にはそれほど詳しくない。

ソリューション

  • Moxaは、PEAが30年前のシステムから簡素化された標準的なデザインに移行するために、トポロジーデザインの専門的な支援を提供しました。
  • 今回のアップグレードでは、変電所の自動運転とリアルタイム通信を実現するMoxa IEC 61850 PRP/HSR冗長ネットワークが採用されました。
  • Moxaは、オペレータがデジタル技術の使用に適応できるよう、MXviewネットワーク・マネジメント・ソフトウェアのトレーニングを提供しました。

成果

  • 10台の自動化変電所が安定して稼働している。
  • スマートグリッドの柔軟性の向上により、変動の激しい再生可能エネルギーの利用が可能になります。
  • PEAは、このパイロットサイトから学んだことを、他のパイロット都市の開発に展開できるようなベスト・プラクティスを開発しています。

ご意見やご質問などがございましたら、
フォームよりお問い合わせください。

バッグに追加