Moxa、効率的なビッグデータ管理を容易にするMX-AOPC UA Serverをリリース

2015年3月12日

  • 製品情報

2015年3月12日、米国カリフォルニア州、ブレア – Moxaから、SCADAデバイスの効率的でシームレスなデータ管理を容易にする最新の自動化ソフトウェア?ソリューションであるMX-AOPC UA Serverがリリースされました。MX-AOPC UAサーバは、産業用IoT(Internet of Things)に関連したビッグデータの問題に対応したMoxa最初のOPC UAソフトウェアソリューションです。

MoxaのMX-AOPC UA Serverを使えば、インスタントアラーム、リアルタイム更新、履歴データの効率的なロギングに対応し、迅速なリスク回避とメンテナンス処理が可能な堅牢で、信頼でき、安全性に優れたデータ交換および制御のためのフレームワークを構築できます。

MX-AOPC UA ServerはMoxaの特許取得済みのアクティブ・タグ・テクノロジーを継承し、データポーリングのためのModbusプロトコルに対応しています。エンジニアはエッジデバイスとSCADAシステムをシームレスかつ確実に接続でき、ビッグデータ?アプリケーションの一般的な問題であるデータサイズはアクティブ・タグ・テクノロジーにより最小限に抑えられます。MX-AOPC UA Serverは柔軟性、信頼性、安全性を特長としているので、ビッグデータ分析の急増するニーズに対応した最適なチョイスです。

また、データ管理の最適化、最大の稼働時間、メンテナンス費用の削減、高度な安全性を必要とする様々な産業用自動化アプリケーションに理想的です。

主な特長およびメリット

  • プッシュとプルの両方の通信に対応した最初の産業用自動化向けOPC UAサーバー
  • ワンクリックでアクティブタグを生成
  • タグ値とUAサーバーステータスのシンプルで容易な読み取りが可能
  • OPC UA:次世代の相互運用性、信頼性、セキュリティに対応

その他の製品情報

Moxaについて

Moxa は、産業用 IoT(Internet of Things)を実現可能にするエッジコネクティビティ、産業用コンピューティング、ネットワークインフラストラクチャソリューションのリーディングプロバイダです。産業界で30 年以上の経験を誇るMoxa は、世界中で7千1百万台以上のデバイス接続を提供し、80 か国以上に販売代理店およびサービスネットワークを持ちます。

このページを シェアして下さい。

バッグに追加