産業特化型ソリューションで、分野固有の課題に対処

製造

よりスマートな未来をつくる

70を超える国で大手メーカーと提携

70を超える国で大手メーカーと提携

Moxaは、70を超える国で大手メーカーに信頼できる産業用ネットワーキングソリューションを提供してきました。

柔軟でインテリジェントな製造

柔軟でインテリジェントな製造

コンピューティングとマルチプロトコル接続によって、より柔軟でインテリジェントな製造の実現を支援します。

デジタル化された製造の未来に対応

デジタル化された製造の未来に対応

Moxaは、デジタル化された製造の未来に向け、将来を見据えたプロトコルによってレガシーマシンをIIoT対応マシンへと変えます。

アプリケーション

生産ラインの監視

現代の生産ライン監視システムによって遠隔監視ニーズへの対応を容易にすることで、管理者が生産ラインの停滞や中断が起こっていないかどうか製造現場の状況を確認できるようにします。このような運用を実現するには、コントロールセンターと各デバイスでデータを送受信するための信頼できるスマートなデバイスネットワークが必要になるほか、自動化されたシステムが有線/無線両方のネットワークでシームレスに動作するようにしなければなりません。Moxaでは、異なるブランドのフィールド機器を統合できるように、マルチプロトコル接続をサポートする各種フィールドネットワーク通信を提供しています。また、フィールドデバイスネットワークからMES/SCADAシステムまで、Moxaのスマートネットワークが、自己復旧機能を備えたオープンかつ非常にセキュアなイーサネット接続を実現します。

Moxaを選ぶ理由

  • 予知保全機能を備えたファンレス設計の高密度I/O組込みコンピュータが、長寿命で柔軟なデータ収集を実現

  • 冗長化テクノロジーのTurbo Ring、Turbo Chain、V-ONが、ミリ秒レベルのネットワーク再接続を実現

  • VPN機能を備えた産業用ファイアウォールが、お客様のクリティカルなアプリケーションを不正アクセスから保護

  • マルチプロトコルゲートウェイが生産ラインのすべてのデバイスをシームレスに接続

  • リモートI/Oで複数のITおよびOTプロトコルをサポートすることで、SCADAシステムやMESシステムと容易に統合

マシンのOEM

OEMは、モノのインターネット(IoT)を利用することで製品の運用効率を高めることができます。Moxaでは、OEMのお客様が接続されていなかった機器を接続するのに役立つ、多彩なプロトコル、インターフェース、メディアソリューションを取り揃えています。また、Moxa MXview NMSに搭載されたエンジニアフレンドリーなインターフェースによって、デバイスの導入、運用、保守が容易になります。革新的なクラウドベースのVPNが、マシン、マシンのサービスエンジニア、マシン監視用サーバーの間でインターネットを介して行われる相互接続のセキュリティを保証するため、遠隔監視の時間とコストを大幅に節約できます。

Moxaを選ぶ理由

  • 接続されていなかった設備を接続するのに役立つ、多彩なプロトコル、インターフェース、メディアのサポート

  • 全体的なマシンネットワークのライフサイクルにおける、ネットワークの導入、運用、保守、診断の各段階を支援する管理ツールセット

  • 手のひらサイズのコンピュータと、クラウド接続ソフトウェアプラットフォームへの即実行可能なModbus対応無線接続によって、リモート管理を促進

  • ファイアウォールポリシーがマシン内外のネットワークトラフィックを制御すると共に、NAT(Network Address Translation)が内部マシンネットワークを外部ホストによる不正アクティビティから遮断

  • MRC(Moxa Remote Connect)が提供するクラウドベースのVPNプラットフォームによって、OEMビルダーがセキュアな通信トンネルを確立して、セキュリティで保護された遠隔監視や保守サービスを実現できるよう支援

  • NAT(Network Address Translation)によってマシンの複雑なネットワーク設定が不要になり、展開効率が向上

自動マテリアルハンドリング(AMH)

自動倉庫システム(AS/RS)やAGV(無人搬送車)をはじめとするAMHシステムは、世界中の製造工場や倉庫で重要な役割を果たす現代の「ベルトコンベヤー」といえます。製造業界を席巻したこれらのマシンは、今やすっかり定着しました。しかし、AMH導入の成功の陰には、マシンと人間との間に相乗効果をもたらす強力な無線ソリューションが必ず存在します。

Moxaの無線APソリューションは、信頼できるハイパフォーマンスのモバイルWi-Fiネットワークと、AS/RSおよびAGV市場向けに設計されたソリューションとを構成するあらゆる基本要素を備えています。

Moxaを選ぶ理由

  • コンパクトなWi-Fiクライアントが、スペースに制約のあるシャトル/AGVの内部にフィット

  • 150ミリ秒のAP間のローミング時間が、移動する物体のシームレスな運用を実現

  • コンパクトなWi-Fiクライアントの9~30 VDCという広い電源入力設計によって、搭載バッテリからの安定した電圧供給を保証

  • 500 VのRFと電源絶縁によって、アクセサリの追加を必要とせずに、Wi-Fiクライアントを電気的干渉から保護

  • 複数の産業用プロトコルをサポートするスマートスイッチが、AMHシステムと既存のSCADAシステムを容易に統合できる利点をエンジニアに提供

  • 名刺サイズで、広範な動作温度範囲とワイヤレス通信に対応する、低消費電力のRISCコンピューティングプラットフォーム

  • 3秒で素早く起動するオペレーティングシステムに、内蔵の電源センサーとCPUセンサーを組み合わせることで、システムの高可用性を確保

  • Moxa APのWi-Fiロゴ認証によって、サードパーティのワイヤレスデバイスとの相互運用性を保証

施設管理

HVAC、UPS、照明、環境センサー、火災警報システム、セキュリティ、および安全設備を接続することで、施設管理はスマートファクトリーの円滑な運用をサポートして、リソースの効率を最大化し、コストとリスクを低減する重要な役割を果たします。

これらの分散システムから収集される大量の多様なデータを監視して分析するには、ローカルインテリジェンスを備えたネットワークを展開する必要があります。

また、物理層からプロトコル層まで、通信の相互運用性を確保することも重要になります。

Moxaを選ぶ理由

  • MX-AOPC UAスイートによって、リモートI/OをOTシステム(SCADA)やITシステム(データベース)をシームレスに統合

  • 直感的な「IF-THEN-ELSE」制御ロジックをサポートするスマートなリモートI/Oによって、数回クリックするだけで施設管理を簡素化

  • ModbusシリアルからModbus TCPゲートウェイへのアクティブポーリングによって応答時間を最適化し、エネルギー管理における正確な分析を実現

  • 分散型アーキテクチャでの通信の相互運用性を簡素化するグラフィックデザインユーザーインターフェースを搭載した産業用プロトコルゲートウェイ

  • 20ミリ秒のネットワーク復旧機能を備えたイーサネットスイッチが、施設での信頼性の高いネットワークを実現

  • データ収集のための予知保全機能を備えたファンレスの高密度組込みコンピュータが、長寿命を実現し、ダウンタイムを最小限に抑制

  • 手のひらサイズのコンピュータと、クラウド接続ソフトウェアプラットフォームへの即実行可能なModbus対応無線接続によって、リモート管理を促進

スマートマニュファクチャリングに向けた接続を簡素化

IIoT接続によってリモート監視と予知保全を実現し、ビジネスを変革

詳細はこちら

ご意見やご質問などがございましたら、
フォームよりお問い合わせください。

バッグに追加