産業特化型ソリューションで、分野固有の課題に対処

鉄道

よりスマートな未来へ発進

世界で500以上の導入に成功

世界で500以上の導入に成功

大手鉄道会社で500を超えるさまざまなシステムでの展開に成功しています。

幅広い製品で鉄道規格の認証を取得

幅広い製品で鉄道規格の認証を取得

ネットワーキングとコンピューティングの幅広いポートフォリオで、IEC 61375、EN 50155、EN 50121-4規格に対応しています。

高品質の追求

高品質の追求

Moxaは卓越した品質を追求するひたむきな姿勢で、鉄道の拡大する厳しい要件に応えていきます。

アプリケーション

ネットワーキングとコンピューティングの車載用ソリューション

現代の列車には、旅客の安全で楽しい旅を保証するために複数の鉄道システムが展開されています。

Moxaは、列車の円滑な運行を実現するために、有線/無線デバイス、コンピューティング機器およびI/Oコントローラなど異なる車載システムの要件を満たすEN 50155規格に基づく多様な製品を提供しています。

Moxaを選ぶ理由

列車通信ネットワーク(TCN)
状態監視システム
CCTVと旅客情報システム(PIS)
旅客用Wi-Fi
  • イーサネットスイッチとプログラマブルコントローラは、IEC 61375規格に基づいています。

  • 自己復旧テクノロジーであるTurbo Ringによって、20ミリ秒未満の高速な障害復旧が実現します。

  • インテリジェントな車両間のイーサネット冗長性 - ダイナミックリングカップリング(DRC)では、車両の再編成時に自動的に設定が行われます。

  • Moxaの自動車両間接続(ACC)機能によって、各APを一度設定すれば、列車の編成が変わってもリンクが自動的に形成されます。

  • Moxaのプログラマブルコントローラは、I/O、CAN、イーサネットを1つのコンパクトな筐体に収容することで、スペースが限られた環境に適しています。

  • 2線式イーサネットテクノロジーは、レガシーデバイスがIPネットワークに参加できるようにバイパス機能を備えた2本のレガシーケーブルで最大100Mbpsのイーサネットを実行することができます。

  • 最大300Mbpsのデータレートに達するギガビットイーサネットとワイヤレスソリューションにより、シームレスなビデオデータ伝送を実現します。

  • ネットワークビデオレコーダは、防振設計と柔軟なストレージ容量を備えています。

  • 車載用Wi-Fi APでは、セキュアなクライアントアクセスと最大300 Mbpsのデータレートをサポートしています。

  • ギガビットイーサネットスイッチが、マルチメディアサービスに十分対応できる帯域を提供します。

列車-地上間の無線通信

無線技術は、双方向通信を必要とする列車-地上間のアプリケーションでよく使用されています。Moxaは、CBTCなどの安全に関わるデータ通信システムのシステム要件を満たすことができる、無線LANと車載通信ゲートウェイを提供しています。また、Moxaのソリューションは、旅客情報システムなどの安全上問題のないデータ通信の要件も満たすことができます。

Moxaを選ぶ理由

安全に関わるデータ通信 - CBTC
安全上重要でない通信
  • コントローラベースのTurbo Roamingは、高速列車での50ミリ秒のハンドオフ、マルチチャンネルローミング、IEEE 802.11i規格へ対応したセキュアな通信をサポートします。

  • AeroLinkプロテクションが、列車上の無線通信におけるいかなる単一障害点も回避するために300ミリ秒未満のフェイルオーバー時間を保証する、ネットワークレベルでの無線冗長性を実現します。

  • 沿線の無線ユニットは、デュアルバンドAP、マネージド光ファイバスイッチ、複数の電源入力(ACおよびDC)を、屋外での展開に適した1つのボックスに統合したものです。

  • 車載および沿線用の無線AP/クライアントが、Turbo Roamingによる高速ハンドオーバーと、ビデオデータ伝送に適した最大300 Mbpsのデータレートを実現します。

  • 長距離を走行する列車に適した、Wi-Fi、UTMS、HSPA、LTEなどの各種無線インターフェースをサポートする、インテリジェントな複数の無線WAN通信システムを提供しています。

沿線ネットワーキングおよびコントローラソリューション

線路沿いで使用される沿線用信号および通信システムは、データを収集してコントロールセンターに送り返すために大規模なネットワークを必要とします。また一部のシステムでは、スムーズな日常の運行を保証するために、線路のポイントや踏切からのデータを収集する必要があります。Moxaのイーサネットスイッチとプログラマブルコントローラは、これらの要件を満たすために鉄道沿線規格EN 50121に準拠しています。

Moxaを選ぶ理由

沿線通信ネットワーク
状態監視システム
  • V-Onテクノロジーが、マルチキャストおよびユニキャストトラフィックのためにネットワークを最適化し、ミリ秒レベルのネットワーク復旧時間を保証することで、スムーズな沿線集約ネットワークを形成します。

  • Turbo Chainが、大規模な沿線ネットワークで20ミリ秒未満のネットワーク復旧を保証するために、高速な自己復旧機能を提供します。

  • MXstudioは、一括構成を簡素化して、最大2,000ノードをリアルタイムで監視および管理できるネットワーク管理スイートで、大規模な沿線ネットワークに最適です。

  • コントローラを利用して、電力、温度、電流センサー、フォースセンサー、線路のポイントの状態を監視できます。40 kHzのサンプリングレートによって、エンジニアは正確な時間軸でのデータを得ることができます。

  • データの完備性を向上させるためにイベントが発生する前にコントローラの事前記録機能がアナログ入力データを継続的に記録します。

認証

rail_logo-1
rail_logo-2
rail_logo-3

列車-地上間の総合的なワイヤレス接続性

マルチプルの鉄道システムに対応する列車-地上間のワイヤレスソリューション

詳細はこちら

ご意見やご質問などがございましたら、
フォームよりお問い合わせください。

バッグに追加