産業用自動化の専門家たちが絶賛するUC-8100無線コンピュータ

2015年5月19日

  • 製品情報

2015年5月19日、米国、カリフォルニア州ブレア — UC-8100シリーズの無線コンピュータは産業用自動化およびフィールドアプリケーション向けに特別に設計されました。自動化分野の2人の専門家が鉄道沿線監視からシステム統合ラボの遠隔管理までの実際のアプリケーションでUC-8100無線コンピュータの検査、使用、評価を行ないました。

MoxaのUC-8100の無料サンプル検査キャンペーンに参加するよう招待されたのは、ウォーレンハリーズ(Warrell Harries)氏とムスタファギューラー(Mustafa Güler)氏の2人の産業用自動化の専門家です。Moxaはハリーズ氏とギューラー氏にUC-8100無線コンピュータを提供して、各自の産業用アプリケーションで検査してもらいました。

ハリーズ氏によれば、UC-8100シリーズは「多数のRS-485フィールドユニットからのデータを処理するために、OTC準拠の堅牢性を備えた小型の産業用組込みLinuxデバイスが求められる」英国の自社鉄道沿線監視アプリケーションの用件に適合していました。

同様に、UC-8100を使ってトルコのシステム統合ラボを遠隔地から監視していたギューラー氏は、同組込みコンピュータが自社のアプリケーションに「うってつけ」だと賞賛しました。特に、ギューラー氏には、イントラネットとローカルネットワーク用のデュアルイーサネット、シリアルコンソールを接続できるシリアルポート、USB-UARTコンソール用USBポートがUC-8100の最も重要な機能になりました。

UC-8100シリーズの無線コンピュータ

MoxaのUC-8100無線コンピュータは、大規模ビッグデータWANコンピューティングアプリケーション向けに特別に設計された組込みコンピューティングプラットフォームです。UC-8100はARM v7 Cortex-A8プロセッサを採用し、最大2基のRS-422/485シリアルポートと2基の10/100 MbpsイーサネットLANポートを搭載しています。また、セルラーインタフェースなどのモジュールに対応したMini PCIeソケットも装備しています。UC-8100はこうした多様な通信機能を備えているので、多数の複雑な通信および処理用件に効率よく対応できます。また、厳しい環境の産業アプリケーションで使用可能な-40~75℃の広範動作時温度対応モデルも用意されています。

UC-8100無線コンピュータの詳細については以下のサイトを参照してください:
https://japan.moxa.com/product/UC-8100.htm

Moxaについて

Moxa は、産業用 IoT(Internet of Things)を実現可能にするエッジコネクティビティ、産業用コンピューティング、ネットワークインフラストラクチャソリューションのリーディングプロバイダです。産業界で30 年以上の経験を誇るMoxa は、世界中で7千1百万台以上のデバイス接続を提供し、80 か国以上に販売代理店およびサービスネットワークを持ちます。

このページを シェアして下さい。

バッグに追加