Moxa、Asia Pacific Rail 2018で最新の技術革新を発表

2018年3月5日

  • 会社情報

台北,2018年3月5日 --- Moxaのソリューションエキスパートが3月20日~21日の両日に香港で開催されるAsia Pacific Rail 2018会議で講演を行います。Moxaの2名の講演者は、車載ネットワーク、信号および通信の分野における鉄道アプリケーションについてのアイデアとベストプラクティスを提示します。今回取り上げるテーマは、IP列車通信ネットワークにおけるIEC 61375の採用、CBTC WLAN無線システムにおける再シグナリングの課題/ソリューションなどです。

また、Moxaでは鉄道業界向けにカスタマイズされた最新のソリューションを紹介する予定です。Moxaの主要展示では、CBTCシステムの非常に厳しい品質および安全規格を満たすようにカスタマイズされた、802.11n高速セキュアローミングおよび50ms未満のハンドオフ時間を提供する信頼性の高いワイヤレスソリューションを実演します。IEC 61375規格に基づくイーサネット列車通信ネットワーク向けに特別に設計された統合IPソリューションについても展示する予定です。

アジア太平洋地域で最も影響力のある鉄道業界の集会の一つであるこの会議では、130人有余の講演者と80を超える出展者が集い、自身のビジョンを述べ、鉄道業界に影響を及ぼす最新の技術を展示します。Moxaはこの機会を利用して、お客様との関係を深め、お客様のニーズを理解することで、お客様が信頼性の高い効率的な鉄道システムを構築できるよう支援します。

Moxaの展示ブース#F15にぜひお立ち寄りください。

Moxaについて

Moxa は、産業用 IoT(Internet of Things)を実現可能にするエッジコネクティビティ、産業用コンピューティング、ネットワークインフラストラクチャソリューションのリーディングプロバイダです。産業界で30 年以上の経験を誇るMoxa は、世界中で7千1百万台以上のデバイス接続を提供し、80 か国以上に販売代理店およびサービスネットワークを持ちます。

このページを シェアして下さい。

バッグに追加