Moxa、クラウド監視ソリューションに関するオンラインセミナーを3社で共催、データ取り込みからクラウド活用までを解説

2020年7月3日

  • イベント情報

台北(台湾)、2020年7月3日 - 産業用通信およびネットワーキングのリーディング・カンパニーであるMoxaは、来る7月7日(火)および22日(水)の2日間、「産業用ハードウェアを利用したクラウド監視ソリューション」に関するオンラインセミナーを株式会社ケーメックスおよびSBテクノロジー株式会社との3社で共催します。このオンラインセミナーは参加無料で、現在、Moxaの正規代理店である株式会社ケーメックスのウェブサイト(https://www.kmecs.com/)にて参加者の事前申し込みを受け付けています。

このたびのオンラインセミナーでは、IoT/スマート工場といった産業用IoT(IIoT)に取り組む企業担当者を対象に、データの取り込みからクラウドの活用まで、産業用ハードウェアを利用したクラウド監視ソリューションについて解説します。

当日は、Moxa担当者から「Moxaの産業用IoTゲートウェイを用いたAzure IoTとの接続」、ケーメックス担当者から「耐環境性能に優れたMoxaのIoTソリューション・ThingsProの紹介」に加えて、SBテクノロジー担当者から「クラウドサービスを用いた遠隔監視の活用事例」について紹介します。またケーメックスの講演では、Ethernet / Modbus / Serialなどのデータを直接クラウドにあげるための取り込み方法をデモンストレーションします。

オンラインセミナーの詳細

概要 これからIIoTを始めたい人に!
産業用ハードウェアを利用したクラウド監視ソリューション
主催 MOXA Japan合同会社、株式会社ケーメックス NS事業部、SBテクノロジー株式会社
日時 2020年7月7日(火)10:00~11:30
2020年7月22日(水)13:30~15:00
※両日の実施内容は同じものです(参加費無料)
講師
  • MOXA Japan合同会社 IIoT事業開発マネージャ
    長澤 宣和
  • 株式会社ケーメックス フィールドアプリケーションエンジニア
    荒井 友貴 / 片岡 浩一朗
  • SBテクノロジー株式会社 ソリューション&サービス事業統括 ソリューション本部 プロダクトマネジメント部 clouXion&IoTグループ
    杉井 雄汰

参加のお申込み:

 (お申込みは終了致しました。)

 

Moxaについて

Moxa は、産業用 IoT(Internet of Things)を実現可能にするエッジコネクティビティ、産業用コンピューティング、ネットワークインフラストラクチャソリューションのリーディングプロバイダです。産業界で30 年以上の経験を誇るMoxa は、世界中で7千1百万台以上のデバイス接続を提供し、80 か国以上に販売代理店およびサービスネットワークを持ちます。

このページを シェアして下さい。

バッグに追加