グローバル

新鮮な空気を深呼吸

現在、WHOの事務局長は、大気汚染を「新しいたばこ」と呼んでいます。大半の国では、主な大気汚染を招いている総排出量の半分以上は、産業が主要因となっています。そのため、世界中の多くの政府は、排出ガスを制御するための法律を制定しています。政府は、モニタリングのために、各工場に排出ガスデータを環境保護局(EPA)に提出するよう義務付けており、工場は排出許容量を超えた場合、罰金が科せられます。多くの工場は、ガス状汚染物質の総排出量を継続的に監視するために、CEMS(Continuous Emission Monitoring System)を使用しています。

Moxaは、データ送信の複雑さを考慮して、データの完全性だけでなく、データ送信に使用するネットワークの安定性を確保するための非常に信頼性の高いソリューションをメーカーに提供しています。
 

詳細

概要

課題

  • 企業は、24時間365日、継続して排出量データを取得し、15分ごとに環境保護局(EPA)へのデータ送信を要求される
  • 誤ったデータや不完全なデータがEPAに送信された場合に罰金が科される懸念

ソリューション

  • ネットワークの可用性の確保:MoxaのマネージドイーサネットスイッチとMoxa Turbo Ringおよびポートトランキングトポロジを組み合わせて冗長化ネットワークを確保
  • データの完全性を保証:付加価値の高いMoxa I/Oソフトウェア、MX-AOPC UAが、ioLogikに中央データベースに対するデータの再伝送をリクエストすることで、欠落したデータを補完

成果

  • 世界的な大気汚染問題を改善するためのスマートソリューションで、重工業の排出ガスの適切な監視を確保
  • 二重保護でローカルなデータ損失に関するファクトリーオーナーの懸念をなくし、より高度なネットワークの可用性とデータの完全性を24時間保証

ご意見やご質問などがございましたら、
フォームよりお問い合わせください。

バッグに追加