南アフリカ

「サービスとしての機械」が開く新境地

COVID-19は世界の人々の活動方法を不可逆的に変えてしまいました。企業は現在、「新しい日常」に基づいた活動方法を模索しています。不確実性がますます高まっている環境での事業経営は、大多数のエグゼクティブにとっての新たな課題となっています。コンフォートゾーンや従来の方法を脱却し、より柔軟なモデルに移行できる会社こそが、新たな成功企業となるでしょう。

 

CHEMはIIoTテクノロジーを展開することで、単なる製品販売から「サービスとしての機械(Machine-as-a-Service)」の提供へと自社のビジネスモデルを変革しました。CHEMは一度限りの販売に頼るのではなく、自社の基盤を拡張し、リモートサービスを通じて必要なときにだけ機械を使用したいと考える顧客を取り込もうとしています。またこの変革は、機械の展開とメンテナンスにかかる労力を50%削減するためにも役立ちました。

 

詳細

概略

課題

  • 遠隔地の機器のメンテナンスに関して発生する高額の経常的な経費
  • データ伝送に有線ネットワークを利用できない
  • 都市化されていない地方の過酷な環境

ソリューション

  • セルラー機能の組み込まれたリモートI/Oが3G通信を通じてデータの状態を収集および伝送
  • Click&Go Plus™の制御ロジックを使用したイベントアラート設定で帯域幅の利用を最適化

成果

  • 従来型の機械販売モデルを「サービスとしての機械」へと変革し、売上を向上
  • 信頼性のあるセルラー通信を通じてシステムのライブ監視を実現
  • メンテナンスにかかる人件費を50%削減

Chung-Hsin Electric & Machinery Mfg. Corpについて

業界
エネルギーおよび製造
本社
台湾、新北市
従業員
2,000
ウェブサイト
www.chem.com.tw

ご意見やご質問などがございましたら、
フォームよりお問い合わせください。

バッグに追加