アメリカ

今もこれからもランカスター市をより安全で効率的に

COVID-19のアウトブレークを食い止めるため、多くの国、都市、コミュニティが外出禁止令を出して、ウイルスの拡散を抑えようとしています。しかし、重要な移動手段の確保や都市の基本的な営みは、維持される必要があります。たとえば、医療従事者は勤務先の病院に通い続けなければなりません。

ランカスター市では、新しい光ファイバインフラを通じて接続された交通管理センター(TMC)のおかげで、重要なデータにアクセスし、オペレーションを監視して、技術者を現場に派遣せずにリモートで問題を確認して修復できるようになりました。

詳細

概要

課題

  • 老朽化したインフラではネットワーク接続による集中管理が行えなかった
  • 過酷な環境のせいで交通信号システムの信頼性が低下していた
  • 非効率なメンテナンス作業による高いメンテナンスコスト

ソリューション

  • 堅牢なスイッチによりネットワークの安定性と十分な帯域幅を確保し、信頼性のあるデータ伝送を実現
  • ネットワーク管理ソフトウェアMXviewを使用して、オペレータが中央の拠点からネットワークをリモートで容易に構成、監視、診断

成果

  • 信頼性のある光ファイバ通信による交通システムのリアルタイム監視を実現
  • 市民にできるだけ不便をかけず、必要な修理を終えるまでの時間を短縮
  • 人の介入を67%削減

ランカスター市について

業界
行政
本社
米国カリフォルニア州
ウェブサイト
www.cityoflancasterca.org

ご意見やご質問などがございましたら、
フォームよりお問い合わせください。

バッグに追加