リソース

マシンにセキュアなリモートアクセスを実装する際に重要な5つの考慮事項

ホワイトペーパー | 2018年4月30日 | 522 KB

今日のOEMビジネスモデルは、IoTとスマートファクトリーのトレンドによって再定義されています。予知保全、総合設備効率、ダウンタイムゼロは、産業用マシンで求められている機能の一部であり、機械メーカーは顧客がこれらのサービスを利用できるようにするためにあらゆる手段を講じています。これらのサービスを提供するため、機械メーカーはマシンを可視化する効果的な方法が必要であり、同時に現場のマシンにリモートから接続して管理できる必要もあります。このホワイトペーパーでは、産業用設備向けのセキュアなリモートアクセスソリューションにおいて重要な要素について考察し、従来のVPNやリモートデスクトップソリューションと比較して、クラウドベースのソリューションが機械メーカーにとって最適である理由を説明します。

ダウンロード
My Moxaで保存したリストを管理および共有できます。

ご意見やご質問などがございましたら、
フォームよりお問い合わせください。

バッグに追加