リソース

産業用AI・IoTアプリケーションに向けたエッジコンピューティング

ホワイトペーパー | 2020年7月15日 | 885 KB

IIoTアプリケーションが生成するデータの量は、これまでにない規模に達しています。多くの産業用アプリケーション、特に遠隔地に配置された高度に分散化されたシステムでは、大量の生データを中央のサーバーに継続的に送信することができません。遅延、データ通信量、ストレージ費用を削減し、ネットワークの可用性を向上させるため、企業はAIや機械学習といった機能をエッジに移し、現場でのリアルタイムの活動を実現しています。このホワイトペーパーではお客様の産業用AI・IoTアプリケーションに適したエッジコンピュータの選び方について説明し、最初の一歩を踏み出すのに役立つケーススタディをいくつか紹介します。

詳細については、こちらのホワイトペーパーをダウンロードしてください。

ダウンロード
My Moxaで保存したリストを管理および共有できます。

ご意見やご質問などがございましたら、
フォームよりお問い合わせください。

バッグに追加