ThingsPro Edgeシリーズ

D2C(Device-to-Cloud)接続のIIoTゲートウェイソフトウェア

moxa-thingspro-edge-series-image-(1).jpg | Moxa

特徴および利点

  • クラウドプラットフォーム用にフィールドデータを提供するための包括的なデバイスデータ処理
  • 人気のクラウドプラットフォームAzure、AWS、Sparkplug用の内蔵のクライアントとSDK
  • データ構成の視覚化をリモートで監視するためのWebベースのGUI
  • IIoTゲートウェイへのシームレスな接続性を確保するための安全かつ堅牢なOTA(Over-the-Air)設計
  • 既存の機能を拡張し、ITサービスに統合するためのRESTful API
  • Moxa IIoTゲートウェイのバッチ構成用のプロビジョニングツール
 
営業担当者に連絡

製品紹介

ThingsPro EdgeはIIoTゲートウェイソフトウェアで、エッジコンピューターを安全性と信頼性の高いIIoTゲートウェイに変換し、ビジネスニーズを満たします。オペレーショナルテクノロジー(OT)側のシステム管理者は、直感的なWeb GUIを利用して、シームレスな操作を確保します。一方IT開発者はRESTful APIを利用して、IIoTゲートウェイデバイスの構成、監視、効果的な制御を行います。ThingsPro Edgeは次の機能を提供します。

  • 産業用フィールドサイトで展開されたエンドデバイスからデータを取得するための使いやすいWebベースのUIを備えたModbusポーリングエンジン

  • クラウドアプリケーション上のMQTTブローカーへのModbusデバイスデータの伝送を簡素化

  • 内蔵Azure IoT Edge(AIE)クライアント 内蔵AIEクライアントの搭載されているモデルはAIG-300シリーズのみで利用可能です。ThingsPro Agentというエージェントを設計しました。これは、AIE内でモジュールとして実行し、APIを介してThingsPro Edgeと統合することができます。 により、IIoTアプリケーションの開発を加速化できます。AIEクライアントをIIoTゲートウェイに統合する際、追加の労力をかける必要はありません。

  • クラウドアプリケーションの需要を満たすためのテレメトリーデータアップロード用のJSONベースの構成可能なスキーマ

  • フィールドデバイスをWANに接続させるためのネットワーク管理機能

システムアーキテクチャ

パブリックとプライベートなクラウドプラットフォームとの統合

  • Azure IoTデバイス、Azure IoT Edge、AWS IoT Core、Sparkplug、MQTTクライアントをサポート

  • Azureダイレクトメソッドなどのクラウドポータルを介したリモートデバイス管理をサポートし、デバイスのリブートと構成の更新を実現

  • RESTful APIを呼び出すためにMQTTの出入力のトピックスをサポート

合理化されたセンサからクラウドに接続するデータ伝送

  • エッジデバイスからデータを獲得し、タグ付けされたデータをクラウド接続アプリケーションにパブリッシュするためのModbusマスター

  • 指定の場所におけるデバイスからクラウドへのメッセージのキャッシュ、ならびにこれらのメッセージをクラウドに送信するためのポリシーの定義

  • 獲得したデータをクラウドプラットフォームにパブリッシュし、アプリケーションやシステムに適合するためにメッセージ形式をカスタマイズ

デバイス管理

  • GPS設定やセルラー強度信号などを含むリソースの消費とデバイスの構成を監視するためのダッシュボードの概要

  • Keep-Aliveチェックとデフォルトルート優先度をサポートし、シームレスなネットワーク接続を確保

  • WiFiアクセスポイントモードをサポートし、トラブルシューティングのためにデバイスとリモートで接続

  • システム構成をインポート/エクスポートして、バックアップやゴールデンサンプルを作成

安全な設計と堅牢なOTAアップグレード

  • IIoTゲートウェイのセキュリティを向上するためのSecureBoot機能と内蔵Trusted Platform Module(TPM)

  • ソフトウェアとデバイスのファームウェアを最新に維持するためのOTA(Over-the-Air)アップグレード

  • 再開機能によりアップグレードパックとロールバックメカニズムのイベントが失敗したアップグレードの整合性を確保

バッチのプロビジョニング

IIoTゲートウェイのバッチの構成とプロビジョニングのためのThingsPro Proxy(TPP)はWindowsベースのユーティリティで、MoxaのWebサイトからダウンロードして、Windows 10の環境にインストールできます。

  • ThingsPro Edgeのインストールをサポート

  • ソフトウェアアップグレード、クラウド登録、デバイス構成などを含むデバイスの容易なプロビジョニング

  • Supported Devices

    Eligible Devices-ThingsPro Edge

  • Supported Devices

     

     

ソフトウェア、ファームウェア、ドライバー

フィルター

名前 種類 バージョン オペレーティングシステム リリース日
Software Package for ThingsPro Edge Series (for Arm computers and MIL v1.0)
325.0 MB
ソフトウェアパッケージ v2.2.0
  • Moxa Industrial Linux (Debian 9)
2021年7月28日 2021年7月28日 リリースノート
Utility for ThingsPro Edge Series (ThingsPro Proxy)
68.2 MB
ユーティリティ v1.2.0
  • Windows 10
2021年7月28日 2021年7月28日 リリースノート

サポートドキュメント

名前 種類 言語 バージョン リリース日
Manual for ThingsPro Proxy
1.9 MB
マニュアル 英語 v3.0 2021年8月2日 2021年8月2日
Tech Note: Enabling Configurable Data Transmission With Moxa IIoT Gateways
1.5 MB
テクニカルノート 英語 v1.0 2021年7月8日 2021年7月8日
ThingsPro Edgeシリーズデータシート
3.6 MB
データシート 日本語 v1.0 2021年4月7日 2021年4月7日
Manual for ThingsPro Edge Series (user’s manual and API documentation)
494.0 KB
マニュアル 英語 v1.0 2021年4月7日 2021年4月7日

利用可能なモデル (0)

画像を表示
バッグに追加

ThingsPro Edgeシリーズ

ThingsPro Edge

Buy online from our distributors