ICF-1280Iシリーズ

冗長ファイバリング対応産業用PROFIBUS-ファイバコンバータ

moxa-icf-1280i-series-image-1-(1).jpg | Moxa
moxa-icf-1280i-series-image-2-(1).jpg | Moxa
moxa-icf-1280i-series-image-3-(1).jpg | Moxa
moxa-icf-1280i-series-image-4-(1).jpg | Moxa

特徴および利点

  • ゼロ復旧時間の冗長ファイバリング
  • 単一のコンバータからネットワーク全体のファイバ通信を検査します
  • 自動ボーレート検出と最大12 Mbpsのデータ速度
  • PROFIBUSフェールセーフは、機能しているセグメントの破損されたデータグラムを防止します
  • リレー出力によるアラーム
  • 2 kVガルバニック絶縁保護
  • 冗長デュアル電源入力
  • PROFIBUS送信距離を最長45 kmまで拡張
  • -40~75°Cの環境に対しての広温度モデルが利用可能
  • ファイバ信号強度診断をサポート

認証

  • moxa-ul-listed-certification-logo-image.png | Moxa
  • moxa-ce-certification-logo-image.png | Moxa
  • moxa-fcc-certification-logo-image.png | Moxa
 
営業担当者に連絡

製品紹介

ICF-1280I産業用PROFIBUS-ファイバコンバータは、PROFIBUSの信号を銅線から光ファイバに変換するために使用されます。このコンバータは、マルチモードファイバの最大4 km、シングルモードファイバの最大45 kmのシリアル伝送拡張に使用できます。ICF-1280Iシリーズは2 kV絶縁保護をPROFIBUSシステムに提供し、デュアル電源がご使用のPROFIBUSデバイスのパフォーマンスが中断されないようにします。

リモートファイバ診断

光ファイバケーブルは、長距離通信に展開されることがよくあり、ファイバケーブルの適切な通信品質を確保するために、エンジニアにより光ファイバ点検ペンが使用されます。ICF-1280Iシリーズでは、DIPスイッチ調整を利用するリモートファイバ診断機能を提供することにより、光ファイバ点検ペンが必要なくなっています。

リモートファイバ診断により提供される主な機能は2つあります。(1)どちらの側(TxまたはRx)がコンバータで問題を発生させているかを特定します。(2)個々のコンバータからトポロジー全体のファイバ接続を確認します。ファイバケーブルの異常は、コンバータに近い部分で発生していない場合でも、LEDインジケータにより自動的に検出し、識別できます。リモートファイバ診断により、ファイバケーブルの展開と管理に対応できるだけでなく、個別のコンバータからトポロジー全体のファイバ接続を確認することにより、トラブルシューティングの時間を大幅に短縮化することもできます。

冗長リング

ICF-1280Iシリーズのコンバータは、冗長ファイバリングトポロジーでPROFIBUSデバイスを接続できます。DIPスイッチを使用して、すべてのICF-1280Iコンバータを冗長リングモードに設定します。PROFIBUSマスターが信号を1つのコンバータからPROFIBUSスレーブデバイスに送信する際、元のコンバータに戻り、終端されするまで、この信号はリング上のすべてのコンバータ内で伝送されます。冗長リング構造がゼロ復旧時間でゼロパケットロスを実現することを保証します。

PROFIBUSフェイルセーフ

PROFIBUSデバイスが誤作動を起こしたり、シリアルインターフェースがエラーを起こしたりして、バスで障害が発生すると、ノイズが発生することがあります。従来のメディアコンバータは、ファイバ線を通じて他のコンバータまでノイズ信号を送信します。これは、2つのバスの間のデータ送信を中断させるだけでなく、システム全体でも通信が停止します。これが発生すると、エンジニアはエラーが発生したデバイスを簡単に見つけることができません。PROFIBUSネットワーク全体が使えなくなるからです。このような状況を回避するために、ICF-1280Iシリーズではノイズ信号を検出し、認識するためのメカニズムが用意されています。バスが1つの側でエラーを発生させても、ノイズ信号はICF-1280Iコンバータを通じて伝播せず、他のバスセグメントに影響を与えることはありません。 さらに、ICF-1180Iコンバータはフィールドエンジニアにエラーの発生場所を通知するためにアラームを発生させます。

自動/手動ボーレート設定

ICF-1280Iコンバータは、PROFIBUSとファイバの間で9.6 kbpsから12 Mbpsのボーレートで往復信号を変換します。エンジニアは、接続されているPROFIBUSデバイスのボーレートを知る必要はありません。ICF-1280IコンバータはPROFIBUSデバイスのボーレートを自動的に検出し、このボーレートを直接適用できます。これは非常に便利な機能です。必要な場合、DIPスイッチによりボーレートを固定値に設定でき、これによりシステムの初期化時にボーレートの検出期間を短縮できます。

ファイバリンク監視

ICF-1280Iコンバータは、ファイバリンク監視機能をサポートすることにより、ファイバ接続の両側で通信エラーを検出し、どちら側(TxまたはRx)で問題が生じているのかを特定します。通信エラーが発生すると、赤いLEDステータスインジケータがオンになり、リレーアラームがアクティベートされます。ファイバの異常がリモートファイバセグメントで発生すると、フォルトLEDが点滅して、リモートセグメントに異常があることを示します。エンジニアはトラブルシューティングのためにファイバテスト機能を利用できます。

ファイバ信号強度診断

状況によっては、光ファイバポートの受信レベルを電圧計で測定する必要があります。電圧計は、デバイスの操作中に接続することができます(これを行ってもデータ送信に影響は出ません)。測定は電圧計で行うことができ、PLCで読み取ることができます。PLCは、フローティングハイインピーダンスアナログ入力を利用します。これにより、以下のことが可能になります。

  • 後の測定のために受光パワーを記録できます(経年劣化またはダメージの有無のため)。

  • 良/不良のテストを実施できます(限界値)。

  • Optical Fiber

    ICF-1280I-M-SC Series: 100BaseFX ports (multi-mode SC connector)
    ICF-1280I-M-ST Series: 100BaseFX ports (multi-mode ST connector)
    ICF-1280I-S-SC Series: 100BaseFX ports (single-mode SC connector)
    ICF-1280I-S-ST Series: 100BaseFX ports (single-mode ST connector)
    100BaseFX ports (multi-mode SC connector)
    100BaseFX ports (single-mode SC connector)

  • Optical Fiber

     

     

  • Baudrate

    9600 bps to 12 Mbps

  • Connector

    DB9 female

  • Industrial Protocols

    PROFIBUS DP

  • Isolation

    2 kV (built-in)

  • No. of Ports

    1

  • Input Current

    370 mA @ 12 to 48 VDC

  • Input Voltage

    12 to 48 VDC

  • No. of Power Inputs

    2

  • Overload Current Protection

    Supported

  • Power Connector

    Terminal block (for DC models)

  • Power Consumption

    370 mA @ 12 to 48 VDC

  • Housing

    Metal

  • IP Rating

    IP30

  • Dimensions

    39 x 115 x 70 mm (1.54 x 4.53 x 2.76 in)

  • Weight

    225 g (0.49 lb)

  • Installation

    DIN-rail mounting

  • Operating Temperature

    Standard Models: 0 to 60°C (32 to 140°F)
    Wide Temp.Models: -40 to 75°C (-40 to 167°F)
    0 to 60°C (32 to 140°F)
    -40 to 75°C (-40 to 167°F)

  • Storage Temperature (package included)

    -40 to 75°C (-40 to 167°F)

  • Ambient Relative Humidity

    5 to 95% (non-condensing)

  • EMC

    EN 55032/24

  • EMI

    CISPR 32, FCC Part 15B Class A

  • EMS

    IEC 61000-4-2 ESD: Contact: 4 kV; Air: 8 kV
    IEC 61000-4-3 RS: 80 MHz to 1 GHz: 3 V/m
    IEC 61000-4-4 EFT: Power: 0.5 kV
    IEC 61000-4-5 Surge: Power: 0.5 kV
    IEC 61000-4-6 CS: 3 V
    IEC 61000-4-8 PFMF

  • Environmental Testing

    IEC 60068-2-1
    IEC 60068-2-2
    IEC 60068-2-3

  • Hazardous Locations

    ATEX, Class I Division 2, IECEx

  • Safety

    EN 60950-1, IEC 60950-1

  • Vibration

    IEC 60068-2-6

  • Time

    1,870,854 hrs

  • Standards

    Telcordia (Bellcore), GB

サポートドキュメント

名前 種類 言語 バージョン リリーズ日
ICF-1280Iシリーズデータシート
4.8 MB
データシート 日本語 v1.2 2020年5月21日 2020年5月21日
QIG for ICF-1280I Series
1.5 MB
QIG (クイックインストールガイド) 英語 v5.0 2018年3月8日 2018年3月8日
2D CAD for ICF-1280I
300.5 KB
2D CAD 英語 2016年5月20日 2016年5月20日

利用可能なモデル (4)

画像を表示
バッグに追加

ICF-1280Iシリーズ

ICF-1280I-M-ST

moxa-icf-1280i-m-st-image.jpg | Moxa

Buy online from our distributors

ICF-1280Iシリーズ

ICF-1280I-S-ST

moxa-icf-1280i-s-st-image.jpg | Moxa

Buy online from our distributors

ICF-1280Iシリーズ

ICF-1280I-M-ST-T

moxa-icf-1280i-m-st-t-image.jpg | Moxa

Buy online from our distributors

ICF-1280Iシリーズ

ICF-1280I-S-ST-T

moxa-icf-1280i-s-st-t-image.jpg | Moxa

Buy online from our distributors