Moxa、360度のネットワーク信頼性でスマート・ファクトリを接続

2015年3月17日

  • 会社情報

2015年3月17日、米国カリフォルニア州、ブレア — 産業用IoT(Internet of Things)が多種多様の企業の関心を集めるにつれ、工場管理および自動化システムの整合性を確保するために、ネットワークの信頼性はこれまで以上に重要視されるようになってきました。Moxaのホームページからダウンロードできる8ページからなる最新のスマートファクトリネットワークソリューションフライヤーには、最大限の稼働時間を確保し、接続を最適化することで工場の通信網を維持するために、Moxa製品が提供するエッジからコアまでの360°フルスケールのネットワーク信頼性について分かりやすく説明されています。

360度のネットワーク信頼性

工場のネットワークインフラは様々な産業用ネットワークデバイスで構築されるので、Moxaの産業用イーサネットソリューションはデバイスの耐久性、接続の冗長性、サイバーディフェンス機能を高めることで、360度のネットワーク信頼性を確保します。Moxaの産業用イーサネットインフラ事業部プロダクトマネージャのゲーリーチャン(Gary Chang)はこう述べています。「Moxaのソリューションは産業用ファクトリアプリケーションをノンストップで稼働させるため、千分の1秒単位のネットワーク冗長性を提供するよう設計されている。Moxa製品の高い信頼性は、長期MTBF対応部品、ファンレス/ヒーターレス設計、広範な動作時温度対応、高度な耐EMI/EMS機能などによって確保されている。さらに、1日24時間連続稼働するファクトリアプリケーションではリスクは許されないので、Moxaでは余分な出費なしで、工場の隔室、区域、フィールド全体にわたってネットワークを脅威から守る産業用サイバーセキュリティソリューションを提供している。」

スマートアーキテクチャ

Moxaの豊富な製品ラインと業種固有の専門的知識の統合で、工場がサイバーフィジカルシステムを活用して、既存設備や新しい設備の両方の生産性や稼働効率を向上させるのに役立つスマートなネットワーク構造が構築されます。Moxaのスマートなネットワークインフラは、フィールドレベルのネットワーク、SCADAシステム、基幹ネットワーク向けに、オープンで、自己復旧可能で、管理しやすく、安全性と互換性に優れたイーサネット接続を提供し、プラント全体の通信と稼働効率を最適化します。

Moxaは世界中のパートナーと共に、産業用イーサネットスイッチおよびエクステンダ産業用セキュアルータ産業用イーサネットゲートウェイシリアルデバイスサーバ産業用無線ソリューションスマートI/Oソリューションおよびコントローラ、および工場自動化向けの信頼できるIP通信インフラを備えたオートメーションフレンドリーなネットワーク管理スーツを含む産業用イーサネットソリューションのワンストップショップを提供しています。Moxaのスマートネットワーク?アーキテクチャは、環境モニタリング、レガシーネットワーク統合、物流管理、プロセス自動化といったあらゆる分野の施設管理および制御自動化システムに使用できます。

詳しい情報については以下のサイトを参照してください:
https://www.moxa.com/Event/IES/Smart_factory_network/index.htm

全体で8ページのフライヤーは以下のサイトからダウンロードできます:
https://www.moxa.com/support/request_catalog_detail.aspx?id=1413

Moxaについて

Moxa は、産業用 IoT(Internet of Things)を実現可能にするエッジコネクティビティ、産業用コンピューティング、ネットワークインフラストラクチャソリューションのリーディングプロバイダです。産業界で30 年以上の経験を誇るMoxa は、世界中で7千1百万台以上のデバイス接続を提供し、80 か国以上に販売代理店およびサービスネットワークを持ちます。

このページを シェアして下さい。

バッグに追加