Moxa、ネットワークの相互運用性と統合性を備え、迅速に設定可能な産業用スマートイーサネットスイッチ「SDS-3016シリーズ」を発表

2021年6月16日

  • 製品情報

台湾、台北、2021年6月17日 - Moxaは、ネットワーク管理のスキルが不要で、迅速な設定が可能な産業用スマートイーサネットスイッチ「SDS-3016シリーズ」を発表しました。SDS-3016シリーズは、レッド・ドット・デザイン賞を受賞しているSDS-3000シリーズ産業用スマートスイッチに新しく追加された製品ファミリーです。この新製品はギガビットアップリンクを備え、新たに8個のポートが追加されています。また、産業用オートメーション(IA)プロファイルによって設定が容易になることから、オートメーションエンジニアがスマートマニュファクチャリング分野で増え続けるデータをこれまで以上に迅速に処理できます。Moxaは、お客様がネットワークの相互運用性や統合性を迅速に実現できるよう取り組んでいます。

オートメーションエンジニアは、設備を安定的に運用できるようネットワークの基本的な健全性をより一層重視する傾向が強くなっています。これは多くの場合、SCADA/HMIによるデータやネットワークの状態監視によって実現し、これによってオートメーションエンジニアはネットワークのダウンタイムを未然に防止することができます。

Moxaの製品マネージャーであるElsa Liuは、「Moxaは、産業用通信を簡素化するため、3-2-1設計の手法によってSDS-3000シリーズ産業用スマートスイッチの開発を進めています。SDS-3000シリーズは、3-2-1設計に基づいて、予め設定された3つのIAプロトコル、2通りのインストール方法、および簡単に設定できる単一画面のダッシュボードを備えています。新しいSDS-3016シリーズでは、デバイス底面にロータリーコード式のDIPスイッチが追加されており、これによってエンジニアは、Webブラウザを使わずに、プロファイルベースの設定をすばやく実行できるようになっています。」と述べています。

このSDS-3016シリーズは、IAエンジニアやオートメーションマシンビルダーに向けて特別設計されたスマートスイッチです。機能面では、対象となるユーザーが必要とするものに絞って搭載しており、さらに重要なポイントとしては、ITに基づくネットワーク管理のスキルが不要な点が挙げられます。本スマートスイッチは、製造業、特に産業用モノのインターネット(IIoT)やインダストリー4.0を採用するマシンビルダーにとって理想的な製品です。

 

SDS-3016シリーズスマートスイッチの機能

  • 14+2Gポートギガビットスマートイーサネットスイッチ
  • EtherNet/IP、PROFINET、Modbus/TCPの3種の産業用プロトコルに対応
  • DINレールとラックマウントの2通りのインストール方法が選択可能
  • 単一画面のダッシュボードGUIで、簡単にデバイスの設定やポートの診断レポートの作成が可能
  • シームレスなSCADA/HMI/NMS統合を可能にするワンステップ設定
  • ネットワークの冗長性を実現するRSTP/STP/MRP(クライアント)をサポート
  • 狭い場所にも置けるコンパクトサイズ
Moxaについて

Moxa は、産業用 IoT(Internet of Things)を実現可能にするエッジコネクティビティ、産業用コンピューティング、ネットワークインフラストラクチャソリューションのリーディングプロバイダです。産業界で30 年以上の経験を誇るMoxa は、世界中で7千1百万台以上のデバイス接続を提供し、80 か国以上に販売代理店およびサービスネットワークを持ちます。

このページを シェアして下さい。

バッグに追加