ケーススタディ

エネルギー貯蔵監視システムにおけるビッグデータの収集と分析

  • アプリケーション エネルギー貯蔵システム
  • 業種 電力 
  • 会場 アメリカ合衆国

紹介

ある米国のエネルギー貯蔵システムプロバイダは、太陽光発電業界の重要な顧客のために、40 MWhのエネルギー貯蔵システムを構築してほしいとの依頼を受けました。このエネルギー貯蔵システムのプロバイダは、充放電電流値や各バッテリの温度といった各バッテリシステムからのデータを収集および監視するために、システムをネットワークに接続したいと考えました。こうしたデータの分析は、バッテリの充放電アルゴリズムの改善方法を見つけるために役立つものであり、顧客はその結果を、エネルギーを効率的に管理したり、バッテリの寿命を延ばしたりするために活かせる可能性があります。これは産業用モノのインターネット(IIoT)によって顧客に利益がもたらされる一例です。バッテリの充放電能力は温度によって変わるため、各バッテリの温度を読み取れるようになることで、顧客はリレーのオンオフの(バッテリを接続または切断する)タイミングを知り、充放電の効率を向上することができます。

システム要求

  • バッテリシステムの充放電の監視と制御
  • バッテリ充放電アルゴリズムを改善するためのデータ収集、およびデータ分析
  • 空冷システムを備えた、高温の動作環境

Moxaソリューション

ioLogik E1242-T、ioLogik E1260-T、UC-8112-ME-Tは、このプロジェクトに最適です。ioLogik E1242-Tの2つのDIチャネルはリレーの状態監視に使用され、2つのDOチャネルはリレーのオンオフに使用されます。ioLogik E1242-Tの各AIチャネルはストリング(6個のバッテリ)の電流値を監視するために使用されます。ioLogik E1260-Tの6つのRTDチャネルは6個のバッテリの温度を監視するために使われます。また、ioLogik E1242-TとioLogik E1260-Tはデイジーチェーンに対応したコンパクト設計のため、アンマネージドスイッチを別途追加することなくバッテリシステムに組み込むことが可能です。UC-8112-ME-TはioLogik E1242-TおよびioLogik E1260-Tからの時系列データを記録するために使用されます。一定時間の経過後、このシステムプロバイダはUC-8112-ME-Tからのデータを取得して最適な充電/放電方法を特定することができます。3つのモデルがいずれも広範な動作温度範囲の設計となっていることは、費用のかかるHVACシステムの代わりにコスト効果の高い空冷システムを使用しようとしているこのシステムプロバイダにとってメリットとなります。

Moxaを選ぶ理由

  • IIoTゲートウェイ(UC-8100-ME-T)
    • ビッグデータ収集
    • お客様の空冷システムに対応する、広範な動作温度範囲の設計
  • リモートI/O(ioLogik E1242-T/ioLogik E1260-T)
    • エネルギー貯蔵システムへの組み込みが容易な小型サイズ
    • 分散型I/Oトポロジ(デイジーチェーン)対応の組込みスイッチ
    • お客様の空冷システムに対応する、広範な動作温度範囲の設計
  • 5年保証

ご意見やご質問などがございましたら、
フォームよりお問い合わせください。

バッグに追加