ケーススタディ

太陽光発電所の監視および制御システム

紹介

電力業界は太陽光エネルギーをはじめとするクリーンエネルギーを導入する準備を整えました。50 MWを超える電力容量を備え、余剰電力を将来利用できるよう電力網に返すことのできる発電所規模の太陽光発電所が、太陽光発電に対する需要の高まりに対処するために建設されています。

発電所規模の太陽光発電所は、数百から数千ものソーラーパネルによって構成されることもあります。発電所のオペレータは遠隔地に設置された多数のデバイスからデータを収集して処理し、高いエネルギー効率を達成する必要があります。

システム要求

  • インバータのデータを遠隔監視、収集、記録、プロトコル変換し、ソーラーパネルの効率を監視する産業用グレードの組込みエッジコンピュータ
  • 太陽光発電所の電気出力を最大化する低消費電力
  • 広い温度範囲の屋外環境における動作の高信頼性
  • 太陽光アレイのパフォーマンス、バッテリ負荷、センサーからの環境データをWebベースで遠隔監視
  • 太陽光下で読み取り可能なHMIによるインバータ制御

Moxaソリューション

 

Moxaを選ぶ理由

  • 動作温度範囲が-40~70°Cと広範な、UC-8100-ME-TシリーズおよびUC-5100シリーズの堅牢なファンレスIIoTゲートウェイ
  • センサーに直接接続できるUC-5100シリーズのマルチI/OIIoTゲートウェイ
  • Modbusデータの収集ModbusからMQTTへのプロトコル変換に対応した、すぐに実行できるソフトウェアソリューションThingsPro
  • 太陽光下で読み取り可能な1,000 nitのMPC-2070 HMIパネルコンピュータ

ご意見やご質問などがございましたら、
フォームよりお問い合わせください。

バッグに追加