2022 年 6 月 15 日をもちまして、本ウェブサイトは Internet Explorer のサポートを終了いたします。
他のブラウザーをご利用いただき、当社ウェブサイトでの最適な閲覧体験をお楽しみください。

製品サポート

セキュリティアドバイザリ

概要

EDR-810シリーズのセキュリティルータの脆弱性

  • バージョン: V1.0
  • 公開日: 2020年11月3日
  • 参考:
    • BDU:2020-01269、BDU:2020-04912、BDU:2020-04914、BDU:2020-04915、BDU:2020-04916、BDU:2020-04913

MoxaのEDR-810シリーズのセキュリティルータに複数の製品脆弱性が見つかりました。これを受け、Moxaはそれらの脆弱性に対処するための関連対策を開発しました。

見つかった脆弱性の種類と潜在的な影響は以下の通りです。

項目 脆弱性の種類 影響
1 任意のコマンドを実行。 BDU:2020-01269 Webサーバーへの巧妙に細工されたリクエストにより、任意のコマンドを実行する潜在的なリスクが発生しました。
2 サービス拒否。 BDU:2020-04912 Webサーバーへの細工されたリクエストにより、サービス拒否の潜在的なリスクが発生しました。
3 システムからの応答がない。 BDU:2020-04914 デバイスへの細工されたリクエストにより、ユーザーインターフェースの特定の部分が応答しなくなる場合があります。
4 システムからの応答がない。 BDU:2020-04915 デバイスへの細工されたリクエストにより、ユーザーインターフェースの特定の部分が応答しなくなる場合があります。
5 システムからの応答がない。 BDU:2020-04916 デバイスへの細工されたリクエストにより、ユーザーインターフェースの特定の部分が応答しなくなる場合があります。
6 システムからの応答がない。 BDU:2020-04913 デバイスへの細工されたリクエストにより、ユーザーインターフェースの特定の部分が応答しなくなる場合があります。
影響を受ける製品およびソリューション

影響を受ける製品:

影響を受ける製品とファームウェアバージョンは以下の通りです。

製品シリーズ 影響を受けるバージョン
EDR-810シリーズ 項目1:ファームウェアバージョン5.3以下
項目2~6:ファームウェアバージョン5.6以下

 

対処方法:

Moxaはこの脆弱性に対処するための適切な対策を開発しました。影響を受ける製品に向けた対策は以下の通りです。

製品シリーズ 対処方法
EDR-810シリーズ 新しいファームウェアをこちらからダウンロードしてください。
脆弱性項目6については、EDR-810デバイスで「Trusted Access」機能を有効にして、潜在的なリスクを軽減することをお勧めします。

謝辞:

BDU FSTEC社には、この脆弱性を報告し、製品のセキュリティ強化に向けて当社と協力し、お客様へのより良いサービスの提供を支援していただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。

改訂履歴:

バージョン 説明 公開日
1.0 最初の公開 2020年11月3日

関連製品

EDR-810シリーズ ·

  •   このページを印刷
  • My Moxaで保存したリストを管理および共有できます。
それを修正しましょう

潜在的なサイバーセキュリティの脆弱性について懸念がある場合は、弊社までご連絡ください。テクニカルサポートスタッフがご連絡いたします。

脆弱性を報告する
バッグに追加