Moxa、MXview専用ワイヤレスアドオンモジュール「MXview Wireless」を発表、 スマートマニュファクチャリングにおけるWi-Fiネットワーク管理の課題を克服

2021年5月20日

  • 製品情報

台湾、台北、2021年5月20日 - ネットワーク・インフラストラクチャ-・ソリューションのリーディングプロバイダであるMoxaは、同社の産業用ネットワーク管理ソフトウェアMXview専用のアドオンモジュール「MXview Wireless」を発表しました。MXviewは、ネットワークを可視化することでネットワーク管理の能率を高めるソフトウェアで、IT専門スタッフ以外の従業員でも容易に運用できるため、ネットワークのアップタイム向上に寄与します。このソフトウェアは、これまでに電力、インテリジェント交通、製造業など、さまざまな業界にわたる世界中の多くのお客様を支援してきました。現在、スマートマニュファクチャリングの進展により、インテリジェントで信頼性の高い産業用ネットワーク通信は、ほぼすべてのスマートアプリケーションにとって欠かせない基盤となっています。新しいMXview Wirelessアドオンモジュールは、産業環境の変革に伴うWi-Fiアプリケーション数の増加に対応し、スマートマニュファクチャリングにおける静的および動的ワイヤレスアプリケーションの両方におけるさまざまな要件を満たします。信頼性の高いネットワーク通信を土台として、単一のインターフェースからリアルタイムでネットワークを管理できるため、ビジネスオーナーは運用効率の向上とシステム稼働時間の最大化に注力できます。

Wi-Fiネットワークを可視化して運用効率を最適化

インテリジェントプロセス制御は、スマートマニュファクチャリングにおける代表的な静的ワイヤレスアプリケーションであり、利用する際にはWi-Fiを使用して、生産ラインに設置されたクライアントとコントロールセンター間の通信を確立します。ただし、不安定なワイヤレス接続は不正確な現場情報や接続の切断の原因となり、誤った意思決定につながり、生産プロセスの最適化に影響を及ぼす恐れがあります。多くの場合、Wi-Fi接続の正確なステータスを把握して問題が発生したら直ちに修正するというのは困難です。MXview Wirelessアドオンモジュールを利用することで、ユーザーがデバイスダッシュボードから個々のAPおよびクライアントデバイスの詳細なデバイス情報とパフォーマンスインジケーターチャートを取得でき、ネットワーク管理が簡単にできるようになります。「このモジュールの大きな利点は、ユーザーが単一のメインコントロールダッシュボードから無線および有線ネットワークのステータスを確認できるようになったことです。この機能によって工場のネットワーク状態をすぐに理解でき、さらにはネットワーク管理もはるかに簡単になります」と語るのは、Moxaの製品マネージャーであるLyra Liです。さらに、ユーザーは接続パターンの監視やアラート設定のカスタマイズができ、問題があればすぐに知ることができます。これにより、エンジニアは現場のトラブルシューティングを迅速かつ効率的に実行できるため、ネットワークの可用性を最大限に高めることができます。

トラブルシューティングが簡単に行えるため、システム稼働時間が最大化

自動マテリアルハンドリング(AMH)システムでは、常に移動している車両に対してWi-Fi接続が動的に適応できなければなりません。無線信号が不安定だと、AMHシステムのオペレーションはすぐに混乱に陥ってしまいます。しかし、無線接続は目に見えず、さまざまな要因の影響を受けています。MXview Wirelessアドオンは、動的トポロジビューを搭載しているため、ユーザーはワイヤレスリンクのステータスと接続の変更を一目で確認できます。さらに、自動運転車は施設周辺のさまざまなAP間を常に動き回っているため、ユーザーは施設のフロアマップ上にネットワークトポロジをオーバーレイすることで、クライアントの無線接続を確認するだけで車両を簡単に見つけることができます。この手法により、異常のあるクライアントデバイスを特定する際の時間を大幅に短縮できます。「ローミングプレイバック機能を使用すると、ユーザーは過去30日間のクライアントのローミング履歴を確認して、インシデントを再現できます。ユーザーはこの機能を利用することで根本原因をより効率的に見つけて対処でき、個々のデバイスログを統合して調査する必要がなくなります」とLyraは言います。これら2つの機能はMoxaが開発した独自の機能で、自動化された工場、スマートロジスティクス、およびその他のインテリジェントアプリケーションにおける増え続ける要件を満たすことを目的として特別に設計されています。ワイヤレスAMHソリューションの詳細については、以下の紹介動画をご覧ください:https://youtu.be/AX41LeTb-ZE

今回新たにリリースされたMXview Wirelessアドオンモジュールは、MXviewによる有線ネットワーク管理の経験を活かして、Wi-Fiアプリケーションを最大限に活用できるように開発されました。この産業用ネットワーク管理ソフトウェアの性能をあらゆる人に体験していただけるよう、Moxaは特別なプロモーションプログラムの導入も始めています。2021年12月31日まで、ユーザーはMXviewにMXview Wirelessアドオンモジュールをアクティブ化するだけで、MXview Wirelessアドオンのすべての機能を1年間無料で利用できます。製品の詳細およびこちらのプロモーションの詳細については、製品ページまたはマイクロサイトをご確認ください。

MXviewおよびMXview Wirelessアドオンモジュールのハイライト

  • ネットワークデバイスと物理的な接続を自動的に検出して可視化
  • トリガーしきい値をカスタマイズできるインスタントアラート
  • OT/ITシステムへの組み込みが簡単
  • 単一の統合ダッシュボードに有線および無線ネットワークのステータス概要を表示
  • 詳細なデバイス情報とパフォーマンスインジケーターチャートを表示
  • ワイヤレスリンクのステータスと接続の変更が一目でわかる動的トポロジビュー
  • クライアントのローミング履歴を確認できる、視覚的でインタラクティブなローミングプレイバック機能

米国ランカスター市のケーススタディを読んで、MXviewがITS業界のお客様から支持されるに至った経緯をご覧ください。

Moxaについて

Moxa は、産業用 IoT(Internet of Things)を実現可能にするエッジコネクティビティ、産業用コンピューティング、ネットワークインフラストラクチャソリューションのリーディングプロバイダです。産業界で30 年以上の経験を誇るMoxa は、世界中で7千1百万台以上のデバイス接続を提供し、80 か国以上に販売代理店およびサービスネットワークを持ちます。

このページを シェアして下さい。

バッグに追加