ケーススタディ

人工採油監視システムの予知保全を実現

  • アプリケーション 坑口監視
  • 業種 石油・ガス 
  • 会場 アメリカ合衆国

紹介

油田のデジタル化が進む中、テレマティクスは機器の状態を理解するうえで非常に役立ちます。これにより予知保全が容易になるとともに、オペレーションのダウンタイムを回避できます。ある大手石油およびガスサービス会社は、顧客によるオペレーションの円滑化と、油田の人工採油設備の予知保全の実施を目標として、テレマティクスソリューションを構築しています。この目標を達成するための鍵となるのは、オペレーションの間に機器から生成されるデータです。そのため、この石油およびガスサービス会社は、必要なデータをコントロールセンターに送り返して詳しく分析できるようにするため、信頼性のあるセキュアなソリューションを必要としています。

システム要求

  • C1D2認証を取得した低消費電力のコンピュータ
  • 動作温度が高い場合でも信頼性のある4G LTE接続による持続的なデータ集約が可能
  • データ完全性を保証するTrusted Platform Module(TPM)搭載コンピュータ
  • 顧客がアプリケーションを開発できるオープンなプラットフォーム

Moxaソリューション

通信に重点を置いたMoxaのRISCコンピューティングプラットフォームUC-8100-ME-Tにより、石油企業は極めて過酷な環境下でもポンプシステム用の可変速ドライブ(VSD)やPLCからのデータを集約し、そのデータをLTE通信を通じてコントロールセンターに送り返すことができます。信頼性のあるセキュアなIIoTゲートウェイとして機能するUC-8100-ME-Tシリーズは、Trusted Platform Module(TPM)を搭載しています。そのため各デバイスには暗号鍵がハードコードされており、認証された関係者のみがデータにアクセスできます。さらにUC-8100-ME-Tは、顧客が二次的な開発を展開できるオープンプラットフォームでもあり、アプリケーションの柔軟性が高められます。

Moxaを選ぶ理由

  • 過酷な産業環境向けのC1D2およびATEX認証規格に準拠した、ArmをベースとしたコンパクトなUC-8100-ME-T IIoTゲートウェイ
  • -40~70°Cの広範な動作温度範囲で信頼性の高いLTE接続を提供
  • TPMとLinuxでのMoxa Industrial Linux用セキュリティパッチの長期サポート
  • 可変速ドライブ(VSD)やPLC RMAC向けの顧客アプリケーションを迅速に開発できるオープンプラットフォーム

使用した製品

  •   このページを印刷
  • My Moxaで保存したリストを管理および共有できます。

ご意見やご質問などがございましたら、
フォームよりお問い合わせください。

バッグに追加