ケーススタディ

ガス輸送ステーションをサイバー攻撃から保護

  • アプリケーション パイプライン遠隔監視システム
  • 業種 石油・ガス 
  • 会場 アメリカ合衆国

紹介

大容量の天然ガスパイプラインは、非常に慎重に取り扱う必要性がありながら、その範囲は数千キロメートルに及びます。パイプラインに沿って設置されたガス輸送ステーションは、ガス分析装置とPLCを備えており、現場のデータをリモートSCADAシステムに送信します。このシステムでは、遠隔地のガス分析装置のデータを取得するのに公衆網を利用しており、ガスステーションとコントロールセンターとを結ぶセキュアなトンネル接続が必要となります。このパイプラインには、無差別なフィッシングの試みやシステムへの侵入を試みる標的型の攻撃といったサイバー攻撃に対して、強力な保護機能が実装されたセキュアな監視および制御システムを設置する必要があります。

システム要求

  • 強力な認証、暗号化、完全性保護によるセキュアで信頼性のあるデータ伝送
  • 内部ネットワークに対する強力なファイアウォール保護とアクセス制御によるPLCなどのクリティカルなデバイスの保護
  • 過酷な環境条件でも確実に動作する堅牢な産業用設計

Moxaソリューション

このプロジェクトでは、パイプライン沿いに設置されたガス輸送ステーションにMoxaのEDS-508Aマネージドスイッチを採用して、ガス分析装置とPLCをリモートSCADAシステムに接続します。またローカルのセキュリティとデータの信頼性を確保するため、MoxaのEDR-G903(ギガビット容量の産業用VPNルーター)を使用し、輸送ステーションと中央のSCADAシステムとを結ぶ極めてセキュアなVPNトンネルを構築しました。EDR-G903ルーターは、ネットワークアドレス変換(NAT)ファイアウォールとVPNクライアントを搭載し、内部LAN上のデバイスを不正なアクセスから保護しながら、公衆網を通じて接続されたリモートステーションとのセキュアな通信を維持します。

Moxaを選ぶ理由

  • ギガビットクラスの広帯域幅と銅線ケーブル/光ファイバのコンボポート
  • 冗長WANポートにより信頼性が向上したVPNクライアント
  • ネイティブのNAT対応ファイアウォールとVPNクライアントを備えたルーター
  • シンプルかつ直観的構成のインターフェース
  • -40~75°Cの温度下での動作に対応

ご意見やご質問などがございましたら、
フォームよりお問い合わせください。

バッグに追加