製品サポート

セキュリティアドバイザリ

概要

Intelマネジメントエンジンの脆弱性に関するMoxaの対応

  • バージョン: 1.0
  • 公開日: 2018年8月9日
  • 参考:
    • CVE-2017-5689, CVE-2017-5705, CVE-2017-5708, CVE-2017-5711, CVE-2017-5712

ネットワークへのアクセス権を持つべきではない攻撃者がIntelの管理用SKUをプロビジョニングするシステム特権を獲得し、続いてローカルの攻撃者が管理用機能をプロビジョニングしてIntelの管理用SKUでネットワークまたはローカルシステムの特権を獲得できる可能性のある脆弱性が、2017年5月に研究者らによって発表されました。

  • CVE-2017-5689

Intelマネジメントエンジンに関する複数の脆弱性が、2017年下半期に研究者らによって見つけられました。

  • CVE-2017-5705
  • CVE-2017-5708
  • CVE-2017-5711
  • CVE-2017-5712

これらの脆弱性を受け、Intelはあらゆるプラットフォームに対応するマネジメントエンジンのファームウェアパッチをリリースしました。Moxaは影響を受ける自社製品を特定し、ファームウェアのアップグレードを発行しました。リストに挙げられていない製品は、上記の脆弱性による影響を受けません。影響を受ける製品を購入されたお客様には、Moxaのグローバルカスタマーサービスを通じた支援を受け、最新のBIOSへの更新を実行されることを推奨します。

影響を受ける製品およびソリューション

影響を受ける製品

影響を受ける製品とファームウェアバージョンは以下の通りです。

製品カテゴリ 製品シリーズ 影響を受けるバージョン
x86 コンピュータ DA-820 シリーズ すべてのバージョン
DA-720 シリーズ
MC-7200-DC-CP シリーズ
MC-7200-MP シリーズ
パネルコンピュータおよびディスプレイ EXPC-1519 シリーズ

 

対処方法

Moxaが提供するこの脆弱性の影響を受ける製品への対策は以下の通りです。Moxaのテクニカルサポートまでお問い合わせいただければ、利用可能となりしだい、パッチをお送りします。

製品カテゴリ 製品シリーズ 対処方法
x86 コンピュータ DA-820 シリーズ パッチBIOSバージョン V1.10S03
DA-720 シリーズ パッチBIOSバージョン V1.30S00
MC-7200-DC-CP シリーズ パッチBIOSバージョン V1.20S01
MC-7200-MP シリーズ パッチBIOSバージョン V1.30S01
パネルコンピュータおよびディスプレイ EXPC-1519 シリーズ パッチBIOSバージョン V1.20S02

 

改訂履歴

バージョン 説明 公開日
1.0 最初の公開 2018年8月9日

関連製品

DA-720シリーズ · DA-820シリーズ · EXPC-1519シリーズ · MC-7200-DC-CP-Tシリーズ · MC-7200-MP-Tシリーズ ·

  •   このページを印刷
  • My Moxaで保存したリストを管理および共有できます。
それを修正しましょう

潜在的なサイバーセキュリティの脆弱性について懸念がある場合は、弊社までご連絡ください。テクニカルサポートスタッフがご連絡いたします。

脆弱性を報告する
バッグに追加